HANASHOUBU
location:Kagurameko

    

環境問題について、
自然科学的視点から冷徹に考える・・・

 20世紀後半以降、人間社会の産業規模は爆発的な拡大を続けています。その人間社会の繁栄の影として地球の表面環境は汚染され、傷つけられています。人間社会の発展にともなうこうした負の影響の総体が環境問題です。
 環境問題の克服を目指すためには、まず、問題を自然科学的に正しく把握することから始めることが必要です・・・。

高校生のための地球温暖化論
20世紀地球温暖化の実像 〜再考・地球温暖化論〜


「HP管理者から」の最近の記事・・・
No.1230 (2018/07/15) TBSサンデーモーニング知識人の良識・・・
 西日本の豪雨災害と人為的CO2地球温暖化との関係を疑わない愚かさNew!

No.1229 (2018/07/10) 相変わらず本質的な議論の欠落した愚かな政策
 経産省の国産自動車電動化政策のバカバカしさと、無能なNHK科学報道New!

No.1228 (2018/06/13) 東アジア情勢を劇的に変える歴史的米朝会談の成功
 ここに至ってもまだこの歴史的成果に難癖をつける日本のマスコミの愚かさNew!

No.1227 (2018/06/07) 日本の原発事故対応は非科学的でロシア以下
 矢ヶア克馬/避難者通信47号2018年6月5日New!

No.1226 (2018/06/02) 安倍ファシスト政権は日大以下の愚劣な組織
 森友・加計問題で見えてきた日本の国家システム堕落の実体New!

No.1225 (2018/05/20) 安倍ファシスト政権の愚かな外交姿勢を憂う
 安倍ピンボケ外交の極みである今度の島サミットNew!

No.1224 (2018/05/15) 安倍ファシスト政権・自民党・官僚の危うい国家運営
 自浄作用なく犯罪の隠蔽で手一杯、国際情勢の変化から取り残され孤立化New!

No.1223 (2018/04/14) 嘘で塗り固められた三流国家日本の温暖化対策
 現在における最も巨大な権力詐欺は「人為的温暖化の脅威」とその対策New!

No.1222 (2018/04/13) 嘘で塗り固められた三流国家日本の惨状
 「もり・かけ・スパ」、自衛隊日報、厚労省でっち上げの原因は全て安倍New!

No.1221 (2018/03/20) 民主主義国日本の国家システムの再生は不可能
 政官癒着の国家システムの構造的問題を”佐川問題”に矮小化する者たちNew!

No.1220 (2018/03/10) 崩壊する民主主義国日本の国家システム
 高給官僚は権力にすり寄り、権力者=黒幕はトカゲの尻尾切りで安泰New!

No.1219 (2018/03/03) 戦争における加害責任を認めない醜悪な安倍政権
 経済的賠償で犯罪事実が歴史から抹消できると考える傲慢な思い上がりNew!

No.1218 (2018/03/02) 福島原発:鳴り物入りで導入した凍土遮水璧の顛末
 相変わらず放射能汚染水を垂れ流し続け、環境を汚染し続ける無能New!

No.1217 (2018/02/17) 現実を無視したIPCCによる温暖化脅威論
 一体どうやって「産業の脱炭素化」を行うというのか?!New!

No.1216 (2018/02/12) 朝鮮半島の緊張緩和に横槍を入れる日米の傲慢
 あらゆる機会をとらえた対話による朝鮮半島の緊張緩和を歓迎するNew!

No.1215 (2018/02/06) 破綻した日本の官民合作の燃料電池車普及計画
 熱力学の基本原理を逸脱した愚かな技術開発は必ず破綻するNew!

No.1214 (2018/01/26) この寒波は一体いつまで続く?
 2017年は史上2番目の暑い一年だったというが・・・最近頻発する異常寒波New!

No.1213 (2018/01/15) 文在寅政権の慰安婦問題見直し議論は不当か?
 朴槿恵の韓国国民世論を無視した慰安婦問題処理を正すのは当然New!

No.1212 (2018/01/05) 2018年 寒中見舞い
 今年は一体どこまで堕ちていくのだろうか?New!

HPに関連する書籍の紹介⇒

 


ホームページに関連する
書籍の紹介

MENU

Design by Megapx  Template by s-hoshino.com
Copyright (C) 2000 環境問題を考える All Rights Reserved.