県立高校の違法行為を告発する

■さて、前の書き込みではPTA総会の資料について一部触れましたが、その後新たに確認したことを報告しておきます。

■PTA総会資料の中に、大分県高等学校体育連盟と大分県高等学校文化連盟から保護者に対する会費の支払いへの協力要請文章がありました。高体連・高文連は学校単位で参加する組織であり、会費の支払い義務は加盟校にあるのであって、保護者には直接関係ないものです。加盟する各高校は自らの責任において会費支払いについて保護者に協力を求めることになります。従って、高体連・高文連が直接保護者に金額を提示して支払いを要請するわけもありません。

■ところが、娘の高校のPTA総会の資料、そして私に渡された文書には、生徒一人あたりの金額と、それを学校取扱金として支払うように指定していました。これは誠にふざけたことなので、高体連と高文連に対して確認することにしました。

koubunnrenn

koutairenn

その結果、赤枠で示した部分は高体連と高文連が配布した文章には存在しないものであり、娘の通う高校が勝手に書き加えたものであることが分かりました。なんという破廉恥な行為でしょうか。これは明らかに私文書変造罪という刑事犯罪です。

■不適切な金銭の徴収を正常化するように繰り返し高校と大分県教育庁高校教育課に対して申し入れを行ってきましたが、彼らは全く反省することを知らないようです。

■もはや彼らには何を言ってもダメなようなので、不本意ですが、彼らの行為を司法に訴えることにしました。5月26日に、別府警察署に高校による私に対する詐欺と、今回の私文書変造について告訴状を提出しました。その後、関係資料の提出や数回の事情聴取を経て、8月4日に告訴が受理されました。告訴状のコピーを示しておきます。

img144

img145

■今後この事件について警察による捜査が行われた後に検察に送致されることになります。検察がこの事件を起訴するかどうかは不明ですが、少なくとも警察はこの件に対して、刑事犯罪を構成するだけの要件を備えていると判断したことを示しています。つまり高校の行ったことは刑法に違反する行為であるということです。生徒を教え導く立場にある高校が犯罪行為を平気で行っているということの意味を、重く受け止めてほしいと思います。・・・無理な願いですが(笑)。