東京都知事選、脱原発勢力の戦略なき敗北。自民・公明傀儡の舛添は原発推進!

端的に言って、脱原発勢力が自民・公明の原発推進勢力に敗北を喫した選挙でした。脱原発勢力は何としても候補者を一本化し、自民・公明に対抗するしか活路はなかったはずです。宇都宮氏は、「都知事選挙は原発政策だけではない」という自民・公明の土俵にまんまと乗ってしまったのが間違いでした。宇都宮氏は敗北後の会見で、一定の成果を得たなどという、とぼけたことを言っていましたが、知事選は勝たなければ意味が無い選挙です。

私は小泉の体質は大っ嫌いですし、細川にも信用は置けません。しかし、それでも脱原発勢力は、当面もっとも重要な政策課題である即時脱原発という政策で一致できるのならば、その一点で細川と宇都宮を一本化するように働きかけ、舛添、自民・公明がなんと言おうと、脱原発を唯一の争点として活路を見出す選挙をすべきでした。

舛添は自民・公明の傀儡に過ぎません。舛添の当選で安倍自民党は原発再稼働にはずみがついたとしており、JOCも東京五輪を盛大にやるためには、原発政策で自民党政権と対立しない都知事の誕生を歓迎しているようです。五輪などというお祭り騒ぎのために原発の再稼働を歓迎するなど、JOCなどという如何わしい組織には反吐が出そうです。

カテゴリー: エネルギー・核技術, 政治・経済・軍事 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です