公立高校・PTA・教育庁」カテゴリーアーカイブ

県立高校の違法行為を告発する

■さて、前の書き込みではPTA総会の資料について一部触れましたが、その後新たに確認したことを報告しておきます。 ■PTA総会資料の中に、大分県高等学校体育連盟と大分県高等学校文化連盟から保護者に対する会費の支払いへの協力 … 続きを読む

カテゴリー: 公立高校・PTA・教育庁 | 4件のコメント

大分県の県立高校・PTAの安直な金銭感覚を憂う

■5月10日に娘の通う大分県の県立高校ではPTA総会と保護者の懇談会などが開催されました。私はPTAを退会していますので、家内が学級懇談会にだけ参加することにしましたが、渡された資料の中にPTA総会の資料があり、図らずも … 続きを読む

カテゴリー: 公立高校・PTA・教育庁 | 18件のコメント

既得権集団としての学校教職員(2)

前回までの投稿でお話ししましたように、前管理職(校長と教頭)は不正入試の疑いに一切答えないまま、それぞれ校長は退職して教育センターの相談員に、教頭は学校教育課の課長に栄転しました。(学校教育課は現在の高校教育課の旧名称で … 続きを読む

カテゴリー: 公立高校・PTA・教育庁, 未分類 | 1件のコメント

環境問題と科学教育 目的を見失い迷走する教育現場

■ホームページ“『環境問題』を考える”の読者の女性からメールを受け取りました。彼女は自然エネルギー発電の導入に疑問を持って行動されている方です。メールの内容を大雑把に要約すると、自然エネルギーを含めて、環境問題について考 … 続きを読む

カテゴリー: HPの運営について, エネルギー・核技術, 公立高校・PTA・教育庁, 地球温暖化 | 3件のコメント

大分県の県立高校の土曜授業解禁について

●ホームページ「『環境問題』を考える」において、大分県の県立高校・PTA・教育庁の問題を継続的に取り上げています。その中で一つの問題として取り上げてきたのが、PTAの運営による朝講座・土曜講座という課外授業の位置づけの問 … 続きを読む

カテゴリー: 公立高校・PTA・教育庁 | 3件のコメント

既得権集団としての学校教職員(1)

情実入試に関わった教職員の発言と行動を紹介します。長くなるので、管理職(校長、教頭)と一般教職員に分け、今回は管理職についてお話しましょう。形式的には事務長も管理職に入りますが、この件では事務長は特に関わっておらず、私も … 続きを読む

カテゴリー: 公立高校・PTA・教育庁 | 2件のコメント

告発手段としての措置要求

ずいぶん前のことですが、愛知県の小学校の先生が書いた本を読んだことがあって、その中に、この措置要求の解説が実例付きで詳しく書かれていました。その本には、「この『措置要求』は、法的にスト権を剥奪された公務員が、労働条件(勤 … 続きを読む

カテゴリー: 公立高校・PTA・教育庁 | コメントする

職場としての県立高校

初めて投稿します。県立高校の教員です。 高校の先生達は普段、どんなことを考えて学校で 仕事しているのか、出来るだけ具体的に紹介してみようと思います。 私が直接見たり聞いたりしたことを中心に、他の教員から聞いたことも加えて … 続きを読む

カテゴリー: 公立高校・PTA・教育庁, 未分類 | 1件のコメント

PTAは高校のマネーロンダリング装置

県立高校に納める費用のまとめ 県立高校において就学するために高校ないし大分県に直接支払わなくてはならない必須の金員は入学金と授業料の2費目のみです。 現状の日本の教育環境においては、前記の必須の費用の他に、生徒ないし保護 … 続きを読む

カテゴリー: 公立高校・PTA・教育庁, 未分類, 環境教育 | 1件のコメント

PTAの自動加入=強制加入は消費者契約法違反

■近年、詐欺的な商法や強引な商法によって消費者が被害を受けるケースが増えています。こうした不当な商行為などの契約から弱い立場にある個人を守るのが“消費者契約法”です。 ■PTAという組織は、そこに参加することによって会費 … 続きを読む

カテゴリー: 公立高校・PTA・教育庁 | コメントする